駄天使のひとりごとTOPに戻る


2006年07月06日

カナダのワークショップに参加してきました!

6月11日~17日までの約1週間、パシフィックエッセンスのワークショップに参加するため、カナダのビクトリアに行って参りました!初のフラワーエッセンスの海外ワークショップの参加でしたが、カナダの大自然にすっかり身も心も浄化されて帰ってきました。
ワークショップ中は、毎朝6時起きで夜の11時位までビッチリとワーク&ワーク!でしたが、とにかく1日があっという間に過ぎ去ってしまうほど充実していた1週間でした。
ワークショップも座学だけでなく、できるだけ沢山自然に触れ合うことを重要視していたので、毎日、半日は近くの海や山に行って、エッセンスの海の親である花や海の生物たちと触れ合うことができました。
驚いたのは、私の勝手な想像では、エッセンスの花に会うためには、山の奥深くまで歩いてようやく探し当てて感動のご対面!というのをイメージしていたのですが、なんと普通に公道の脇や、宿泊施設のロッジのお庭に咲いているではありませんか!
思わずきっといつもこういう場所で暮らしていたらエッセンスなんで必要なくなるんだろうな~なんて思ってしまいました。
その位、特別なものではなく、普通にありのままに、ただその場に”存在”している花たちの”さりげなさ”に逆に感動してしまいました。
私たち人間というのは、どうしても、そのままの自分では受け入れられないのではないだろうか、と考えすぎてしまうあまりに、本当の自分を置き去りにして、もっとすごい”別の自分”や”特別な何か”になろうとしてしまいがちです。でも、カナダの大自然の中にいる花や海の生物達を見ていると、本当にそのままの姿で全てが完璧に周囲と”調和”している、ということを気づきました。
何かになろうと無理する必要などない・・とまるで私自身に話しかけられているような気さえしました。
やはり自然はいつも完璧で雄大で全てを包み込んでいる存在で、私たち人間も、もっとありのままで周囲や自分自身と調和して生きていけばいいのではないか・・というメッセージを大自然から受け取ったような気がします。
なので、これからは今まで以上により自然でありのままに生きていこうと思います。
そして、次なる目標であるパシフィックエッセンスのファシリテーターになるために、カナダで学んだことをどんどん実践していきたいと思います。
とにかく自然と向き合うことは、自分自身と向き合うことである、という大きな学びをまた頂くことができて、本当にカナダの大自然たちに感謝しています!