TOPに戻る

八ヶ岳 ワクワク♡開墾女子クラブ ご登録のご案内

<2015年度の開墾作業はすべて終了しました。今後の新たな開墾計画を事前に知りたい方は、MLにて随時発表しますので、ご登録お待ちしております。>

八ヶ岳アンジェリのある山梨県は、現在、耕作放棄地がなんと全国で第2位&空家率第1位。
その結果、高齢化にともない、あちこちで限界集落化した、田んぼや畑を手放すお年寄りが増えてきています。また、それらの土地が、多国籍企業などに買収され、現在、メガソーラーや商業施設などを乱立していることも問題視されています。
そこで、美しい森林を守り、未来永劫に自然豊かな景観を保護するために、
女性ならではの視点で、野山を美しく耕し、農業未経験女子や、都会女子が少しでも自給自足に携われるようなプロジェクトを発足させました。
ぜひ、八ヶ岳版の「チプコ運動(*)」に参加してみませんか?

*チプコ運動(Chipko Movement)とは
森の暮らしの場とする女性たちによって始められた森林保護運動のこと。 
1973年、ヒマラヤ地区の小さな村の森に、木材会社が伐採のために入ってきたところ、村の女性たちが、先頭に立って木に抱きつき、犠牲者を出しながらも、最後まで非暴力を貫き、伐採を阻止した。これらの草の根運動がやがてインド全土の環境保護活動となった。(ヴァンダナ・シヴァのいのちの種を抱きしめてDVDブック 21ページより抜粋)

尚、八ヶ岳版チプコ運動には、開墾だけでなく、日本ミツバチの環境整備、耕作放棄地の美景化、自然環境によい植物の植栽などのアースヒーリング事業も含まれています。

~こんな方におススメ~
・耕作放棄地を開墾することで自然環境を守っていきたい
・八ヶ岳の自然の中で自分だけの農地を開拓してみたい
・ゼロから耕した畑で自給自足してみたい
・同じ目的意識をもった仲間と繋がりをつくりたい
・将来、八ヶ岳に移住したいのできっかけづくりをしたい
・農業未経験だけど、とにかく体験してみたい
・開墾以外にも、森林整備や日本ミツバチの環境保護、景観美景活動にも携わりたい

<八ヶ岳ワクワク♡開墾プロジェクトの流れとは>

~其の壱 まずは開墾する~
定期的に開催する「開墾ワークショップ」に1度ご参加いただくと、
その場で、ご希望者には「開墾スタンプカード」が発行されます。(1日3時間以上で1スタンプ)
スタンプの数の多い方から、将来、開墾後の農地を優先的に借りることができます。
また、一度、開墾ワークショップに参加し、開墾の仕方をマスターした方は、
いつでも、自由に来て開墾することができます。
八ヶ岳スタッフが不在の場合は、開墾した写真をFBに挙げていただくか、メールに添付していただければ、後日、スタンプ押印いたします。

オプション・・・ちょっとした農業指導を受けたい場合は、時間単位でプロの農業指導を受けることも可能。別途、お申込み下さい。

<八ヶ岳ワクワク開墾女子クラブ 開墾人材バンクとは>
上記の内容にご賛同頂き、ぜひ参加したいという方は、まずは「開墾人材バンク」へご登録ください。
メーリングリストorFBグループにより、今後の開墾イベントや、最新情報をお届けします。
登録料&年会費無料です。

■参加資格
10代~70代の健康な女性・農業や自給自足に興味のある方
(男性は、配偶者、パートナー、紹介者は可能。子連れ可能。ただし、登録は女性のみ)

■持ち物
農機はすべてレンタルしますので、汚れても良い服装、軍手、帽子、日焼け止め、タオル、長靴(雨天時)、レインコート(雨天時)、

■お申込み方法
お名前、ご住所、連絡先(携帯電話)、メールアドレス、現時点での3コースのうちの希望コース(将来変更可)、植えてみたい植物、大体来れる目安(1か月に1回、週に1回等)をご記入の上、
info★shop-angeli.com(★を@に変更)へお申込み下さい。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

場 所:山梨県北杜市長坂町中丸1479-1
交 通:長坂駅から車で7分、小淵沢駅から15分。
バスは、JR小淵沢駅からバス停柿平まで20分程度でつきます。(徒歩3分)
タクシーの場合は、運転手に「清春アンデルセン」(大家さんの敷地)と伝えれば、約10分(1300円位)でつきます。
車で直接お越しになる場合は、駐車場がありますので、地図は、こちら。
長坂I.Cから15分 小淵沢I.Cからも15分です。

(帰りのバスは、柿平バス停から小淵沢駅まで出ていますので、日帰り参加が可能です)

当日の連絡先:アンジェリ 0551-45-8886 

それでは、八ヶ岳の青空の下にて、皆様のご参加心よりお待ちしております♪

KAIKON19.jpg

kaikon0.png

kaikon.png

kaikon12.jpg

kaikon16.png

kaikon17.png

kaikon18.png