フラワーエッセンス スクール|アンジェリ (東京・自由が丘)フラワーエッセンス スクール|アンジェリ (東京・自由が丘)

メニューmenu
   
  • ONLINE SHOP

アルモニア株式会社 代表 嶋 みずえ (1972年10月生まれ)

【意識革命家】大自然療法(世界のフラワーエッセンス&アルケミーエッセンス)で覚醒を倍速させる専門家

・国際公認フラワーエッセンス・プラクティショナー(バッチ・FES・パシフィック・コルテPHI)
・オリジナルエッセンス「アルケミー(錬金術)エッセンス」 プロデューサー
・セイクリッドアロマセラピー(スピリチュアルアロマ) プロデューサー
・セラピスト&ヒーラーのための独立経営ビジネスコンサルタント
・日本の伝統文化「麻糸産み後継者養成講座」プロデューサー
・「日本ミツバチ養蜂後継者養成講座」プロデューサー
・八ヶ岳循環型自然農「コミュニティ・シェアファーム」(アートテン農法&固定種を守る会)主宰

アンジェリのミッション

人と地球の共存共栄に関わる大自然療法を中心とした活動を中心に、東京・自由が丘と山梨・八ヶ岳の2拠点にて運営中。個人レベルの癒しはもちろんのこと、自立を変容を経て、覚醒に至るまで、意識革命すべてに関する専門家として、約20年のキャリアをもつ。

特に、世界のフラワーエッセンスに関しては、日本で初めて世界のフラワーエッセンスのプロ講座を開設した第一人者。講座内容も、単なる癒しやトラウマだけにとどまらず、メディカル(医療)・心理学・脳科学・量子力学・覚醒まですべてを統合したオリジナル講座として、すでに600人以上のプロを輩出中。

「フラワーエッセンスで意識改革を!」をモットーに、エッセンスで意識レベルを変えることで、現実化している全ての問題解決するための独自のエッセンスメソッドを駆使して、延べ3万人以上のあらゆる悩みを解決。そのメソッドのコアをまとめた「3分で覚醒できるブログ」&「1分で覚醒できるライン@」で最新情報発信中!(10年以上継続配信しているメルマガ読者は約4000人以上)。 

また、2007年から、オリジナルの「アルケミー(錬金術)エッセンス」のプロデューサーとしても活躍中。日本人に必要な「日本の神様」のエッセンスを中心に、2017年には「日本神界と和草オラクルカード」も発売し、日本古来の叡智を守る活動にも力をいれている。

2017年からは、セラピストやヒーラーの独立支援業務にも携わり、「独立成功するための自分力強化コンサルティング」により、多くの起業家を輩出。また、精神科医、鍼灸師、看護師等の医療従事者に対してのスーパーバイザーも行い、ヒーリング&セラピー業界から医療業界に至るまで、幅広い支持を得る。
未経験の主婦やフリーターが、短期間で年商7桁になった人も多数。


本業以外でも、様々な地球環境のためのプロデュース事業を成功させる。中でも、2012年から開始した日本古来の大麻伝統文化継承活動「麻糸産み後継者養成講座」は、3年間で約1000人以上の受講者を輩出し、2014年から後継者となるインストラクターも育成し、絶滅寸前の事態から現在では全国にインストラクターを派遣するところまで急成長させる。2015年12月21日に、「一般社団法人 日本古来の大麻を継承する会」を発足し理事に就任。(2018年12月時点で、インストラクター10名以上、「よりひめ」認定者30名以上輩出)
2017年には4年間の活動内容が、映画化となり、「麻てらす~よりひめ岩戸開き物語」が、全国常時上映中になるほどの大人気作品となる(国際映画祭出展決定)。

また、現在、世界的なミツバチ絶滅危機のために、日本でも数少ない「日本ミツバチ養蜂後継者養成講座」も2016年から、八ヶ岳アンジェリにて開催。絶滅寸前の日本ミツバチを増やす活動を通して、飼育が難しいとされている日本ミツバチ専門の養蜂家も多数輩出。

これまでアンジェリが関わってきた事業は、本業及び副業に関わらず、全て「地球との共存共栄」が共通テーマ。何故なら、これからの時代は、人の限られたメンタル面だけの癒しではなく、大自然にも触れ、地球と調和する活動家が求められていくから。
アンジェリでは、そのための第一歩として、自由が丘での「世界のフラワーエッセンス講座」を通して、都会でのストレスから解放される癒しの場を提供し、そこから変容した人には、八ヶ岳での自然と共生するための循環型コミュニティの場もご用意。
心だけの癒しの時代はもう終わり。
地球と繋がることができるトータルな「魂の学び舎」をアンジェリはクリエイションしていきます。
メンタル限定のスクールでは味わえない「大自然療法」を、あなたも一緒に体験しませんか?

資 格

バッチ財団登録プラクティショナー
FES国際公認プラクティショナー
パシフィックエッセンス国際公認プラクティショナー
コルテPHI国際公認プラクティショナー
アバンダンスプログラム国際公認ファシリテーター
オーストラリアブッシュプラクティショナー
オーストラリアンワイルドフラワープラクティショナー
ヒマラヤエンハンサープラクティショナー
アラスカンエッセンスプラクティショナー
アンジェリックエッセンスプラクティショナー
ホリスティックビューティースクール認定アロマセラピスト
ホリスティックビューティースクール認定リフレクソロジスト
ロンドンスクールオブアロマテラピー認定ホットストーンディプロマ
ロンドンスクールオブアロマテラピー認定リンパドレナージュディプロマ
ロンドンスクールオブアロマテラピー認定マタニティトリートメントディプロマ
ロンドンスクールオブアロマテラピー認定ベビーマッサージディプロマ
その他各種セミナー多数受講

代表嶋みずえの”覚醒までの生い立ち”ストーリー

横浜生まれのハマっ子。
昭和のありがちな一般的な家庭に育ちつつも、インディゴ気質のため、家族とは全く分かり合えないジレンマを抱えながら幼少期を過ごす。いとこの中でも、トップに生まれたため、周囲の期待に応えるために、優等生を無意識のうちに演じながら生きづらさを抱えながら育つ。そして、公立トップの高校から、当時の受験勉強から逃れるため、ギリギリの滑り込み推薦入学で、なんとか、日本女子大学人間社会学部文化学科に入学。
そんな安易な動機での大学進学だったため、案の定、就職活動は全敗で、氷河期の追い打ちもあり、卒業間際に、唯一内定が出た法律事務所の秘書職という、もっとも苦手でやりたくない仕事に就職。
当然のことながら、やりたくない仕事、つまらない人間関係、都会での通勤ストレス・・が重なり、就職してもすぐに辞めたくなり、その後も、8年間で、4回以上の転職を繰り返し、25歳で人生初のどん底を経験。
当時は、「環境さえ変えれば」「嫌な上司を変えれば」「もっとよい会社に勤めれば」、うまくいく・・・という典型的な「自分は正しくて外が間違っている」という、”未覚醒状態”だったため、当然のことながら、転職をすればするほど、ドツボにハマり、次第に心身不調も限界に達し、常に、慢性的な肩こり、便秘、冷え性、そして最終的には不眠症にまでなり、駅で倒れて運ばれるほど、体はボロボロに。
もちろん、精神的にも、「嫌な上司や人間関係」は「自分自身を否定している投影」なので、影法師のように行き先々で、ついてまわり、そこから、「これはもしかしたら、外側の問題ではなく、自分自身の心の問題では?」と、おそばせながら、20代後半で、ようやく気付くことに。
そこから、一気に、当時の「精神世界」や「スピリチュアル関連」の書籍やセミナーにいきまくり、投資金額数百万と何年もの年月を経て、「自分自身が世界を創造している」という事実にたどり着く。
1990年代は、今ほど情報もなく、仲間もほとんどいなかったので、ありとあらゆるセミナーや書籍を独学で探求。
そして、数々の「自分探しセミナー」を体験後、ようやくたどり着いたのが、「世界のフラワーエッセンス」。当時から、いろんなセラピーを習う中で、「人が人に行うセラピー」の共依存やコントロールの危険性に疑問を感じることが多々ありました。ですが、「フラワーエッセンス療法」の場合は、植物が人間に行うセラピーなので、人を強制的にコントロールすることがありません。無理強いはしなけれど、準備ができた人にとっては、適切な癒しを正確にもたらしていきます。
フラワーエッセンスは、”傷を癒す「優しさ」と変容させる「力強さ」”の両方を兼ね備えている、地球がもたらしてくれた100%安全な療法
だと確信しました。

そして、独立開業すると決めてから、一切の遊びは断ち切って、365日、毎日1日8時間以上、猛勉強開始。そして、同時に世界中のフラワーエッセンスのプロデューサーの講座を網羅。
その結果、翌年から自宅サロンをオープンするところまで辿りつきました。独立4か月後にはOL時代の給料を抜き、2008年には株式会社設立、2011年には自由が丘徒歩3分に実店舗オープン、2013年には八ヶ岳にて循環型農的コミュニティも開催し、自然農と発酵カフェも運営中。多くの仲間とともに共存共栄をモットーに新しい地球聖活をクリエイションしています。

自然療法から大自然療法へ、そして、フラワーエッセンスとアルケミーエッセンスの「水」の変容エネルギーを用いた「意識革命家」として、”まずは自分自身が変わること”から、周囲に光をもたらす存在でありつづけたいと思っています★