駄天使のひとりごとTOPに戻る


2016年01月22日

【一般社団法人「日本古来の大麻を継承する会」 賛助会員募集開始】

1月13日に正式告知しました一般社団法人「日本古来の大麻を継承する会」に
非常に多くの方から、ご賛同のメッセージを頂き、誠にありがとうございました。

当会の一番の目的は、タイトルのとおり、”次世代に日本古来の大麻文化を正統的に伝えていくこと”、となっております。
もちろん、大麻草には様々な特性や可能性を秘めている植物であることは、私も重々知るところではありますが、
当会では、その中でも、あえて、繊維や糸績み技術、手から生み出されるものづくり、に特化して、活動していく予定となっています。

ただ、これから、本格的に継承していくとなると、やはり運営資金は必須となってきます。

今までは、すべて持ち出しでやってきましたが、それだけでは、できる範囲が非常に限られてきています。

たとえば、現在でも、いろいろな地方の御蔵から、古い大麻繊維等も発見されており、そこまで調査に行く交通費などもすべて自費負担となっておりますし、
それらを保管、維持していく費用も将来的には必要となってきます。
また、これから、「100人の帯プロジェクト」などのモノづくりのための、機械や道具などもそろえていき、
それらを、次世代の子供たちにも教えていけるような施設運営なども考えています。

そうなったときに、やはり、自費でねん出するのは限界がありますので、
多くの人に、少しずつでも良いので、出資していただくと、よりスムーズにきちんとした形で、次世代に文化を残していくことが可能となります。

従いまして、たとえば、

糸績みに挫折したけど、資金面でサポートしたい!
自分は男性で、糸は績めないけど、この活動を応援したい!
日本古来の大麻文化を、次の世代に後継できるメンバーとして、イベントに参加したり、一緒に盛り上げていきたい!

などなど、動機はさまざまでも、当会の主旨にご賛同いただき、一緒に発展させていきたい方は、是非、賛助会員にお申込み下さい。

一口3000円(上限制限なし)となっております。
もちろん、一般社団法人ですので、経理もきちんとオープンにいたしますし、透明性はお約束いたします。
また、会員になると、会員証&パンフレットのお届けはもちろんのこと、
オリジナル麻グッズ進呈や、今後、開催される様々な麻関連イベント(農家さん訪問、繊維加工体験等)にも
先行優待ご案内をお届け致します(*^^)v

ご希望の場合は、以下の「会員規約」を、必ずご確認及びご賛同の上、
お手数ですが、「入会申込」と明記のうえ、下記の内容を
support@yorihime.com までメールを送信してください。

「会員募集のご案内」
http://yorihime.com/free/member 
 
「賛助会員規約」
http://goope.bayt.30d.jp/30266/160122082958-56a169f656db7.pdf
(お申込みされた時点で、規約に賛同したものとみなしますので、事前にご確認ください)

 ・お名前
 ・住所
 ・郵便番号
 ・電話番号
 ・性別
 ・よりひめの方はNo.
 
皆様のご賛同を心よりお待ちしております。

<一般社団法人「日本古来の大麻を継承する会」 理事一同>



2016年01月14日

一般社団法人「日本古来の大麻を継承する会」誕生秘話


「一般社団法人 日本古来の大麻を継承する会」に多くのみなさんにご賛同いただきありがとうございます!
まさか、2012年7月に、手探り状態で始めた「麻糸産み後継者養成講座」が
こんなにも発展するとは夢にも思ってもみませんでした。
ですが、今、思い返してみると、いろいろな臥せんがあり、
昨年、5月に、伊勢神宮に大麻の正式ご奉納&正式参拝の際に、
大麻奉納の際に、伊勢神宮の窓口で受付するために、団体名を教えて下さい、と言われたときに、
その時、とっさに思いついたのが、「日本古来の大麻を継承する会」という名称でした。
ですが、それは、その時だけで終わったものと思っていましたが、
昨年の夏に、八ヶ岳アンジェリにて、初のよりひめインストラクター合宿をしたときに、
「そろそろ、もう少し組織化して、自分たちがいなくなったとにも、技術を継承できる形を残しておきたい」という話になりました。
そこから、怒涛のごとく、毎月、ミーティングを重ね、冬至に無事、申請することができたのでした!

この数か月は、実はインストラクターさんたちは、バタバタの勢いで準備に明け暮れておりましたが、
ふたを開けてみると、やはりすべては完璧なタイミングにて計られていたのでした(^.^)

大麻の神様にお遣いする、ということは、まさにこういうことだ、というのを身を以て実感しましたが、
実は、ここからが本番で、来年は、「よりひめ」のドキュメンタリー映画「麻てらす~よりひめ 岩戸開き物語」も公開されますから、
これまで以上に、しっかりと日本古来の大麻の本質をお伝えしていければと思います!

尚、今後、一般社団法人では、「賛助会員」を募集する予定です。
日本古来の大麻の伝統文化を継承する活動を支援したい!という方は、是非、後日発表する「賛助会員」に、ご登録ください。
さまざまな、会員メリットなどもございます♪
当会は、みんなで作り上げていく参加型の活動となりますので、ご賛同お待ちしております!


2016年01月13日

一般社団法人 日本古来の大麻を継承する会」設立しました!


2012年に「麻糸産み後継者養成講座」をスタートしてから、早3年以上経ち、おかげさまで、受講生も
全国で1000名以上超える規模となりました。

そこで、このたび、さらに、しっかりと次世代に麻糸産みの伝統文化を継承していくために、
「一般社団法人 日本古来の大麻を継承する会」という組織を正式に設立することになりました。

正式には、すでに2015年12月22日の冬至の日に法務局に手続きをすませ、
12月28日には登記完了となっています。

そして、本日、「一般社団法人 日本古来の大麻を継承する会」のHPも正式に公開することになりました。

『一般社団法人 日本古来の大麻を継承する会』公式HP 
http://yorihime.com

お問い合わせ先
『一般社団法人 日本古来の大麻を継承する会』事務局
info@yorihime.com

お問い合わせフォーム
http://yorihime.com/contact

以下、「一般社団法人 日本古来の大麻を継承する会」の詳細となります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『一般社団法人 日本古来の大麻を継承する会』の概要

日本の大麻草は古来、日本人と深い関わりがあった神聖な植物であり、
あらゆる場面で必需品として暮らしの中にありました。
そして、庶民の衣食住の「衣」を支えるのは、主に大麻布でした。
布作りに必要な「糸」ですが、現在さまざまな環境や歴史の流れにより、
麻糸を産業レベルで績める人はわずか10名以下となり、
古代より続く日本の伝統文化が途絶えようとしています。

そのような状況の中、2012年より
「大麻布に必要な糸づくり、国産の手績み大麻糸を生産できる人たちを、
今の時代に新たに生み出していこう」と強い意志と情熱を持った女性たちが集まり始めました。

2016年1月現在、
市場に出せる手績み大麻糸を作れる、麻糸績み技能者『よりひめ』が約30名、
麻糸績みの技術と、昔の女性たちが祈りや願いを糸に込めたその心を伝承していく
『麻糸産み講座・認定インスタラクター』が10名誕生しています。

『一般社団法人 日本古来の大麻を継承する会』は、伝統文化を大切にしながら、
今の時代に活かしていける環境を新たに産み育み、
顔と顔を合わせ、手から手へと日本古来の大麻の「技」と「心」を次世代に繋いでゆきます。

                        

              2016年1月13日 代表理事一同

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

定款より(一部抜粋)

名称  一般社団法人 日本古来の大麻を継承する会
主たる事業所  山梨県北杜市
法人設立の年月日  平成27年12月22日
目的等
 第3条 当法人は、日本古来の大麻文化を次世代に繋いでゆくための伝統文化の保存継承、並びに
 大麻産業その他日本古来より続く古き良きものづくりに関する文化的価値を広く普及させることを目的とし、
 その目的に資するため、次の事業を行う。

(1)日本古来の大麻文化の振興及び伝統文化継承に関する事業
(2)日本古来の大麻繊維に関する研究並びに大麻の栽培技術及び加工技術の保存継承に関する事業
(3)都道府県知事の免許を受けて繊維及び種子を採取し並びに大麻を研究する目的で行う大麻草の栽培、
   並びに栽培品種の維持改良の研究に関する事業
(4)麻糸績み技能者『よりひめ』の養成及び技術向上並びによりひめによる大麻繊維製品の普及を図る
   『よりひめプロジェクト』の振興に関する事業
(5)大麻繊維製品の企画、製造及び販売に関する事業
(6)教育及び福祉分野における地域貢献並びにオリジナルブランド創出による地域産業活性化に関する事業
(7)当法人と類似の事業を目的とする法人、機関、団体等に対する支援に関する事業
(8)前各号に附帯又は関連する事業、その他当法人の目的を達成するために必要な事業

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

尚、今回は、代表理事は、全員女性で、よりひめインストラクターさん10名で構成されています。
これからの水瓶座の時代の流れにそって、トップの代表ひとり、という形はあえてしないで、
全員が代表理事という形で、運営していくことになります。

今後は、「麻糸績み後継者養成講座」及び、「日本古来の大麻によるモノづくりプロジェクト」、
その他、「よりひめ」活動全般については、こちらの一般社団法人、およびHPをメインに運営していくことになりますので、
引き続き、どうぞご愛顧の程よろしくお願いいたします!(^^)!


2016年01月09日

【カラダと地球にやさしい名品】ティーツリーシャンプー 新発売


「最後の木の一本が切り倒され、最後の川が汚染され、最後の魚が捕らえられた後、そうなってはじめて 金銭は食べられないことに気づくだろう。 」アボリジニ族長のコトバ

・・・これは有名なアボリジニの言葉ですが、今、まさに人類が直面している状況といえるでしょう。

この言葉は、実は、私が長年愛用している名品【リンスがいらない】「ティーツリーシャンプー」のラベルに書かれている言葉です。

私たちが毎日使用するシャンプーも、経皮毒といって体の中にも入ってきますし、そのまま流せば、河川や海まで汚染してしまいます。
(現在、お産時の羊水がシャンプー臭い、というのは助産師さんの間では有名な話です)

そこで、自分にも地球にも優しいシャンプー選びをぜひしてもらいたいと思います♡

このシャンプーが何よりいいのは、ロングヘアでも、リンスがいらないということ!
私自身、10年以上、ロングヘアで、このシャンプーしか使用していませんが、
いつもサラッサラで、絡まることもありません。
何より、リンスがいらないということは、時間も短縮できて、節水効果も大!

カラダにも環境にも一切有毒なものも入っていませんので、赤ちゃんやアトピーの方にもおススメです。

ぜひ、新年から、もっと、エコで自分と地球にやさしいシャンプーに代えてみませんか?

今までは、店頭販売のみでしたが、今年から、オンラインショップでも販売することになりましたので、この機会にぜひ試してみてくださいね☆
(私は自信をもっておススメします!!!)

*店頭のみ、お試しミニサイズ(540円)も販売中!まずはぜひ試してみてはいかが?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【弱酸性&パラベンフリー&ノンシリコン 】 「ティーツリーシャンプー 詰め替え用」(420ml)

「ティートリー」の香りがすっきり&さわやかで、洗い心地が軽く髪がきしまず、爽快です!
敏感肌の方も安心してご利用いただける頭皮にやさしいお酢系成分で作られています。
しかも、ロングヘアでもリンス不要で経済的!
制菌作用、デオドラント効果に優れたティートリー精油配合のロングセラーの人気シャンプーです。
 
■ティートリーをはじめ9種類の植物エキスを配合
■お酢を活用した洗浄成分が主成分
■防腐剤、合成香料等不使用
■髪と頭皮に優しく、抜け毛にお悩みの方や皮膚の弱い方にもお薦め
■髪がきしまず、心地よい洗いあがり
■弱酸性タイプ
■パラベンフリー、ノンシリコン
■お得な詰替用

■原材料:水、ラウレス-3酢酸Na、ラウラミドプロピルベタイン、BG、ココイルメチルタウリンNa、コカミドDEA、カプリル酸グリセリル、ポリクオタニウム-10、ケープアロエエキス、ハマメリスエキス、ローズマリーエキス、スギナエキス、カミツレエキス、シコンエキス、甘草エキス、ティーツリー油、ラベンダー油、ホホバ油、トコフェロール、アスパラギン酸、クエン酸、ポリクオタニウム-7、ステアラミドエチルジエチルアミン、トリオクタノイン、セテス-6、エタノール

<ご購入はこちら 3230円 (420ml>
http://www.shop-angeli.com/search/item.asp?shopcd=17331&item=6030042


2016年01月03日

2016年元旦誕生!新生ガイアの国生み「須佐之男命(スサノオノミコト)・アルケミーエッセンス」

あけましておめでとうございます!

今年の元旦は皆さまはいかがお過ごしでしたでしょうか?
私の毎年の元旦の恒例は、「アルケミー(錬金術)エッセンス」作り。
なぜなら、1年の中で、もっとも、静かでノイズが少なく、エネルギーがクリアで澄み渡っているのからです。

というわけで、今回は、日本神話の中でも、もっともパワフルで霊威が強力なエッセンスが誕生いたしました!

ズバリ、須佐之男命(スサノオノミコト)のアルケミーエッセンスです!(^^)!

須佐之男命(スサノオノミコト)のエッセンスなんて、なんだか怖くて飲む気がしない(';')・・・と思われる方も多いかもしれませんが、それは大変もったいない誤解です。

というのは、須佐之男命(スサノオノミコト)の本質は、世間で思われているイメージとは、かなりかけ離れており、誤解されている点がいくつもあるからです。

私の中では、すでに昨年から、「次のアルケミーエッセンスは須佐之男命(スサノオ)!」と決めていたところ、タイミングよく、11月の神在月に、出雲にいく話が舞い込んできました。
このツアーでは、出雲大社をはじめ、2泊3日で全10社以上の神社を巡りましたが、最後は、「須佐神社」にも立ち寄ることができました。

実は、このツアーは、参加するまで、どこに行くのか知らされていなかったため、まさか、「須佐神社」に行けるとは思っていませんでした!
どうやら、天上界の神計らいがあったようで、エッセンス作成にあたり、無事、「須佐神社」にて、須佐之男命(スサノオノミコト)に御挨拶をして、このたび、満を持して発売させていただける運びとなりました。

そんな、強力なサポートを受けて誕生した「須佐之男命(スサノオノミコト)」のエッセンスとは、一体どんなエッセンスなのでしょうか?

ズバリ、2016年の元旦に受け取ったメッセージは、「もっと、楽に自分らしさを解放して、前に進んで下さい」というものでした。

「須佐之男命(スサノオノミコト)」の一般的なイメージは、「乱暴者」「荒くれ者」「追放者」などがあげられると思います。
もちろん、そうした面もありますが、それだけではなく、弱者を助けるやさしい熱血漢という面もあります。

それは、出雲国で八岐大蛇(やまたのおろち)を退治して、奇稲田姫(くしなだひめ)や貧しい人々を救い、大蛇の尾から天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)を得て天照大神に献じた面にも見受けられます。従って、「出雲国風土記」では温和な農耕神としても崇拝されいる一面も持ちます。

また、一般的な表面上のイメージを通り越して、霊的な観点からみると、肉体は男性ですが、魂的には女性性をもつ神様だということが観得(みえ)てきます。

ちなみに、姉の天照大神(アマテラス)は、実は、肉体は女性ですが、魂的には男性性を持つという説もあるようです。
(日本各地のお祭りなどでは、男装している天照大神像もあるそうです。例:京都祇園祭の岩戸山の御神体等)

ここでは、歴史の真偽を追求することはしません。
どちらにしても、神様は両性具有で、その時々によって、女性性を表出したり、男性性を表出したりする中性的かつ変幻自在な2元性を超えた存在ですので、その時代にあった姿形で、その時代の人々にもっとも影響を与える在り方で存在していただけだと私は思っています。

なので、よく男性が日本の女神のエッセンスを飲んでもいいのか?とか飲むと女性っぽく(なよなよした)感じになってしまうのではないか?という質問も受けますが、そんなことはありません。
性別が男性でも女性でも、魂レベルでは、誰もが男性性と女性性を兼ね備えているので、その比率のバランスの方がむしろ重要です。

ですので、今回、「須佐之男命(スサノオノミコト)」は、性別は男性ですが、魂的には女性性の強い神様ですから、仮に、女性が摂取した場合、男っぽく荒々しくなるのではなく、むしろ、性別は女性でありつつも、自分の中の男性性が健全な形で芽生え、自立して前に進んでいくことができるようになります。

昨年の2015年までは、抑圧されて傷ついてきた女性性を癒し、再生していく流れがありましたが、
年が明けて、2016年からは、癒されて中立性を保つところまで復活した女性性と、これからの新しい5次元アースを再創造していくための健全な男性性のバランス感覚が必要となってきます。

いつまでも、被害者意識に引きずられて、言い訳がましく、外の世界にすがってく生きるのはもう終わり。そろそろ、自立して、今までの誤ったパワーとコントロールの男性性を手放し、建設的で前進していく男性性を自分の中にしっかりと打ち立てる時代へとシフトしました。

なので、これからの時代は、「女性だから」「男性だから」という言い訳は通用しなくなります。
それぞれが、得意な分野を活かし、助け合いながら、共同創造していく時代へとなるでしょう。

そんな新しい時代の幕開けに、2016年の元旦に、満を持して「須佐之男命(スサノオノミコト)」が誕生しました!

この時代だからこそ、ようやく、健全な男性性のエネルギーの象徴として、封印解除された「須佐之男命(スサノオノミコト)」。

2016年から、もっと、自分らしく、自分の強さを、前面に表現しながら、しっかりと人生を確立していきたい方におススメのエッセンスです♪

・・ということで、今回は、「須佐之男命(スサノオノミコト)」の新発売を記念して、本日より1月10日(新月)まで【ポイント2倍】にてお届けいたします!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ポイント2倍!【須佐之男命(スサノオノミコト)・アルケミーエッセンス  】販売価格:4,800 円(税込) (お買い物ポイント:480 P!)

記紀神話で出雲系神統の祖とされる神。
天照大神(あまてらすおおみかみ)の弟。
粗野な性格から天の石屋戸の事件を起こしたため根の国に追放されたが、途中、出雲国で八岐大蛇(やまたのおろち)を退治して、奇稲田姫(くしなだひめ)を救い、大蛇の尾から天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)を得て天照大神に献じた。
「出雲国風土記」では温和な農耕神とされている。
日本神話の中でも、場面によって、多彩な性格を有している神様である。

このエッセンスは、今、いる場所から、もっと楽に、自分らしさを解放し、前に進むことを助けてくれるエッセンスです。

<キーワード:愛と勇気、今いる場所へのコミットメント、自分らしさの解放、行動力、内なる平和、強さと優しさのバランス(2元性の統合)>

<エッセンスの主な効果>
・恐れを手放し、愛と勇気をもって前進する 
・争いを選択せず、自分の強みを発揮することで、周囲と調和し、内なる平和を確立する
・今、自分が属している場所(家族、職場、地域、国、惑星他)に、
しっかりとコミットメントし、そこから自らの魂の使命を発揮する
・他人や周囲の評価やジャッジメントを恐れず、自分らしさを表現し、やりたいことを実現化するための行動力をもたらす
・強さと優しさのバランス(男性性と女性性の内なる統合) 

☆ご購入はこちら→ http://www.shop-angeli.com/search/item.asp?shopcd=17331&item=2060112