駄天使のひとりごとTOPに戻る


2009年09月21日

「超加速 浄化の扉が開く! ソウルアルケミー×エメラルドタブレットで、最高の自分で存在する」開催のお知らせ

急きょ決定しましたが、10月3日(土)に、アセンションスペシャルコラボワークショップを開催することになりました!
オーガナイザーは、私と、オーストラリアンワイルドフラワーの講師であり、ライトワーカーであり、3児の母(!)でもあるRooTrue communication-work Studio主宰の相澤美穂さん。

相澤さんが、このたび、セラピスト独立支援プロジェクト「阿慈無」の1号アジト「江ノ島弁才天Cafe」を、10月3日よりオープンすることになりました。
すでにご存じの方も多いと思いますが、相澤さんとは、ワイルドフラワーの元営業時代だった頃からの長いおつきあいとなりますが、昨年、独立され、ワイルドフラワーの普及活動とともに、アセンションに向けて日本全国の神社のライトワークも行っています。
そして、このたび、江ノ島に、セラピストの自立をサポートするCAFE&セラピールームをオープンされました。

1Fはゆるーいカフェと気まぐれなランチ。2Fがワーク&セッションなどのスペースになっています。
特に、2階では予約制で本格的なセッションも体験可能!
また、お茶会やワークショップなどを開催したいセラピスト様。レンタルスペースとしてもお使いいただけますよ♪しかもリーズナブルです。

そして、今回10月3日・4日はオープン記念イベントを開催いたします。
こちらではミニワークショップを1時間ごとにご用意し、フラワーエッセンスだけでなく、自分らしい人生を歩くための様々なアイテムをご紹介します。
しかも、感謝感謝のお得なチケットをご用意していますので、どしどしお申し込みください。

また3日は仲秋の名月。旧8月15日ということもあり、スペシャルコラボワークとして、今年の節分のアセンションワーク第2段として、緊急企画!「超加速浄化の扉が開く!ソウルアルケミー×エメラルドタブレットで、最高の自分で存在する」を18:00より開催!

詳細は、以下の「ROOTRUE」のHPをご覧ください。
http://www.rootrue.com/rootrue/therapist/113388.html

また、以下の相澤さんからの告知メッセージを頂いておりますので、お届けいたします。

【阿慈無主宰 相澤美穂さんからのメッセージ】
■ アセンションのエネルギーレベルが超UP
この日10月3日はいろいろな意味での区切りとなっています。今年の節分にアセンションワークを開催した頃と比べても格段のエネルギーレベルの差が感じられています。
そこで、今現在のエネルギーレベルの情報をお伝えしながら、より自分に合ったカタチの自己存在を楽しみながら表現するためにこのワークショップは企画されました。
ファシリテーターとしてお呼びしているのは、(株)アルモニア代表 嶋みずえさん。

アセンションの話をしだすと止まらない彼女ですが(笑)常に時代を見据え、一般的なレベルが動き出すタイミングに合わせた発信をするスーパーテクニックを常に研究し続けています。
(私は常に直感で動いてしまうので、彼女のスタンスはとても尊敬しています:苦笑)

■ 今現在の宇宙の状況とエネルギーレベルを参加者の意識レベルで合わせていく
そんなフタリで開催するこのワークは、ディスカッションの時間を設けながら参加者が意識の中で状況をシェアリングしながら一体化していくことに一番の意義があると思われます。
また、自分を形成していくのに必要なグラウンディングやセンタリングを、よりしっかりするのに必要な考え方やコツなどを体感していきます。
最高の状態を維持できた時点でソウルアルケミーが作成されるワークとなるでしょう。

このワークショップにご参加される方には、別途ソウルアルケミーエッセンス代金3,300円をご用意ください。(本数についてはご要望をお伝えください)

<日時>
2009年10月3日(土)18時~20時(約2時間) 

<場所>
江ノ島駅 徒歩10分 江ノ島弁財天CAFE 阿慈無」(定員12名) 

(但し、人数がオーバーした場合は、近くの砂浜で行うかもしれません♪その場合、何か羽織るものなどをおもちください)

ACCESS
■江ノ島電鉄 江ノ島駅より徒歩10分

<料金>
入場:「弁財天チケット」1000円(1ドリンク/1スープ/1ディッシュ)
   「観音チケット」3300円(1ドリンク/1スープ/1ディッシュと1ワーク)
   「恵比寿チケット」11000円(2ドリンク/2スープ/2ディッシュとワーク参加し放題)
    *恵比寿チケットはペアで1日またはお一人で両日のフリーパスです。
   「Re;弁財天」各500円(ドリンク、スープ、又はディッシュのお変わり)
    ワークショップは1つ3000円で追加参加可能です。

*18時からのコラボワークショップにご参加の場合は、上記と別にアルケミーエッセンス代(通常4800円→3300円)がかかります。

*当日、会場にて現金にてお支払ください。

<お申し込み方法>
メールにて、お名前、当日の連絡先を連絡ください。

それでは、皆様のお申込を心よりお待ちしております。


2009年09月15日

熊野三山&高野山・男性性の旅

9月9日から11日まで、熊野三山&高野山に行ってきました。
ちなみに、熊野三山に祀られていらっしゃる神様はすべて男性神。
この流れからすると、いよいよ地球も男性性と女性性の統合の領域へと突入しだしたのかも!?というような展開の旅となりました。。

さて、熊野本宮大社の祭神は、主にスサノヲノミコト(アマテラスオオミカミの弟)となりますが、実は、熊野にたくさんの森があるのも、スサノオノミコトが植樹の神様だったから。

そのため、たくさんの樹木をこの地方にお植えになったので、「木の国」→「紀伊の国」と呼ばれるようになったのです。
どうりで、熊野の森の素晴らしさは半端じゃありません!!

そして、熊野本宮大社は、日本の神社信仰の中でも特別な意味をもち、「神仏習合」の聖地として、平安時代の後期から熱心な信者が「蟻の熊野詣」といわれるほど押し寄せたといわれています。

そんな熊野本宮大社は、なんとも言えない重厚感漂う、まさに神聖な場所でした。
スサノヲノミコトの前で、静かにたたずんでいると、「大きさ」というメッセージを頂きました。

もしかしたら、自分の中の可能性や今後の仕事の拡大性についてのブロックを外す時期に来ているのかもしれません。
日本神話の中では、その暴れん坊ぶりは、アマテラスオオミカミが手がつけられなかったほどですから、今度は、それをよい方向に転換していくことがカギなのかもしれません・・。
いずれにしても、今の世の中には、まさに、スサノヲ・パワーが必要だといえるでしょう。

そして、今回、どうしても行きたかったのが、上記の熊野本宮大社の”奥の院”と呼ばれている「玉置神社」。
標高1000m級の霊山・玉置山の山頂に立てられているため、車で約2時間以上かけて山道を登っていかなければいけないほどの険しい道のり(汗)。
しかも、境内に入ってからも、ご本殿まで20分以上を歩いていかなければいけないので、昔の修験者たちはさぞかし大変だったことでしょう・・・。

ここは、国土形成の神といわれているクニトコタチノミコトが祀られています。
とにかく、俗世間から隔離された異空間という感じで、時間が永遠にとまっているような聖地でした。クニトコタチノミコトに関してはさまざまな説がありますが、別名「ウシトラノコンジンサマ」ともいわれ、アセンションにおいて重要な役割を担っているという説もあります。
ですので、今回のしっかりとその点についてはお参りさせていただきました。

そして、次の日は、いよいよ高野山へ。
高野山へも熊野本宮から車で約3時間位かかりますが、その間、とにかく山、山、山!
高野山は、空海はもちろんのこと、織田信長や、豊臣秀吉、松尾芭蕉など数々の著名人の霊廟があることから、弘法大師への信仰の厚さ、及び、この地が発するパワーが半端じゃないのがおわかりいただけるかと思います。

実は、今回、この旅行を思い立ったのも、現在、「空海」のエッセンスを作成中のため。やはり、「空海」のエネルギーを直に感じるには、ご本人がいらっしゃる場所に行くのが一番よいのです。

その「空海」の霊廟も、参道入り口から約20分以上奥にある、やはりこちらも「奥の院」と呼ばれるところにあります。
その荘厳さといったら!!完全な異空間・・・厳か、かつ、荘厳と静寂さを兼ね備えたまさに聖地そのものでした。

奥の院にある「空海」の霊廟の前でしばしご挨拶をさせて頂き、佇んでいると「ありがたし」というメッセージを頂きました。
「空海」は、今もなお、あらゆる人を救い続けていると信じられており、毎日、お着替えとお食事も捧げられているとのこと。
もしエッセンスを発売できることになったら、微力ながらでも、そのお力になれたら・・と思いました。

ちなみに、高野山は、明治5年までは女人禁制の地だったため、女性は高野山内には入ることができませんでした。
そのため、女性のための「女人堂」という参籠所が設けられていました。
しかし、現在では、もちろん自由に女性も入ることができます。

そういう意味からも、今回の旅は、男性性と女性性の融合を結ぶ旅だったのかもしれません。

前回の「女神の時代」の記事では女性性をとりあげましたが、最終的には、男性性と女性性の融合がアセンションの重要テーマとなります。
ということは、これから2012年に向かって、もう片方だけの時期は終わり、いよいよ男性性&女性性の両輪を同時に回していかなければいけない時期に入ってきたのかもしれません。

<男性性におススメのエッセンス・・オーストラリアンワイルドフラワー「チャクラスプレー(男性用)」はこちらをクリック>


2009年09月13日

根源神への回帰

アルケミーエッセンスの「日本の神様シリーズ」には、日本の神様のお名前がそのままのネーミングとしてつけられています。
なかには、「神様を商品化してバチが当たるのでは?」とか「神様の名前を軽々しく呼ぶのは冒涜に当たる」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
それは、もちろんごもっともな考え方だと思います。
そういう私自身も、このエッセンスを販売する前の時点では、自分自身が本当に神様とつながれているのだろうか?と自問自答していたからです。(なぜなら、チャネリングのほとんどは低級なエネルギーとつながることが多いといわれているのも知っていたからです)
そんな自分自身に疑心暗鬼になっていたときに、アンジェリックの「トラスト(信頼)」というエッセンスを飲んだところ、「本当につながっているかどうかは、3次元では、結果でしか判断することはできない」という強いインスピレーションを受けました。
そこで、正式販売する前に、まずは沢山のモニターで徹底的に臨床データを取って、確かに効果が確証できたら正式販売しよう、という結論に至りました。
そして、結果は、90%以上の確率で、何らかの効果を感じたというデータだったのです。
(ちなみに、残り10%は「よくわからなかった」というご意見でしたが、これはフラワーエッセンスでも、正しく選ばれないと、共鳴せずに効果は現れないことから、アルケミーエッセンスに限ったことではないといえるでしょう)
この結果が確かな裏付けとなり、正式販売に至ったわけですが、もちろん、神様の名前で儲けようなどと思って販売したわけではありません。
というか、アルケミーエッセンスがもし売れなくても、本業は自然療法家であって、経営に影響をきたすことはないからです。
それに、アルケミーエッセンスを売ることによって、宇宙の摂理に反することをしているのであれば、当然、私自身のカルマとなって返ってくるわけですから、軽々しく商品化して売ろうなどとは考えてもおらず、むしろ今でも他のだれかがやってほしいくらいです(苦笑)。
しかし、いろいろなタイミングが重なって、なぜか私がこのお役目を授かることになった背景には、これまでの自然療法家という仕事を通して、”自然に対する絶対的な信頼を持っているから”というメッセージをある日頂きました。
なぜなら、自然=神であり、八百万の神は、自然界、強いては、宇宙全体に偏在しているすべてが等しく平等な神様であると思っているから。
そして、さらに、自分=神であり、神は自分の外には存在しないし、これから2012年のアセンションに必要なのは、自分自身の内在しているすべての神様とつながることだと思っているからです。
そして、現在の究極の分離状態から、今、一気に、”根源神”というひとつの”源”に回帰しようとしています。
ですから、2000年に渡って続いていた、神と人間は分離している、神を崇拝しなければバチがあたる、という既成概念を手放す必要があるし、これまでの神様の階層も、今、統合に向かっているということです。
ですから、今回、たまたま日本の神様のエッセンスを作成し、販売している背景には、こうしたアセンションに向けて、一人ひとりの中にある、尊い神性をよみがえらせるサポートツールとして、たまたま私自身が導管となって、そのお役目を授かったにすぎないと考えています。
もちろん、本来でしたら無料で差し上げたいところですが、それでは、私の本業に支障をきたしますし、ボトル代などの原料費がかかることと、作り置きができない、という点で、大量生産ができないので、本当に必要としている方へお渡ししたい、という考えに基づいて、今回、このような形で販売することにしました。
何度も書きますが、これを販売するということは、私自身の中でも大きな葛藤がありました。
しかし、アセンションという時期を考えると、少我よりも大我の意思を尊重すべきであると思ったし、最後は、私自身が自由意思と自己責任で行えばよい、という結論に至りました。
ですから、キリスト教、仏教、神道などを学ばれている方にはもしかしたら抵抗があるかもしれませんが、それはそれでよいと思います。宇宙はすべてを肯定していますので。
でも私はもともと無宗教でしたし、宗教を超えた宇宙意識で考えれば、神様は全肯定の存在であると思っているので、逆にこういうお役目を授かったのかもしれません。
今まで、なかなかこういう想いを書く機会がなかったのですが、真面目に宗教や特に神道を学ばれている方に誤解を受けないように、私自身の率直な考えを述べさせていただきました。
あとは、皆様のお考えにお任せします。
そして、すべては宇宙の流れにお任せします。
必要がなくなったときが、作るのをやめるときだという覚悟もあります。
でも、今は、飲んでくださった方からの喜びの声を沢山頂戴しているので、パイプ役としての使命を果たせている限りは、自己責任で橋渡し役を全うしていきたいと思っています。

全て読んでいただきありがとうございます。 愛&感謝


2009年09月07日

「ラブ ズ アルケミー(愛の錬金術)」エッセンス販売スタート

このたび、「ラブ ズ アルケミー(愛の錬金術)」エッセンスの販売を開始いたしました!
このエッセンスは、「ラブ ズ アルケミー・コース」の主催者スカイさんと、なんと、あのヒマラヤ・エンハンサーのタンマヤさんの共同作業によって作られたエッセンスなのです!!

ヒマラヤのタンマヤといえば、言わずと知れた「グラガ」の強烈な効き目?!でご存じの方も多いと思いますが、そのタンマヤがプロデュースしているのであれば、このエッセンスの効き目が半端じゃないことはお察しのはず!
また、スカイさんも一昨年の初来日された際に、イブニングワークショップで直接お会いしましたが、いつも微笑みを絶やさない、とーーっても穏やかで素敵な女性でした。
私も早速3本セットのうちの「ストップ&ドロップス」を飲んでみましたが、普段はいろいろと頭で考えがちだったのが、思考に振り回されなくなり、「このままでいいのだ」ということがストンと腑に落ちるようになりました。
ですので、久しぶりにハートに爽快感を感じるエッセンスといった感じでしょうか。。
ちなみに、「ラブ ズ アルケミー」は3本セットとなっていますが、1本ずつでももちろんOKですが、タンマヤ曰く、セットでお使い頂くことによって“目覚め”のプロセスにとても強く働きかけるそうです。

このエッセンスシリーズの”核”は、恐れにとらわれながら生きるのではなく、愛と共に生きることがたやすくなること。

そして、人生全体の変容を助け、自分自身が錬金術師になれるパワフルなエッセンスです!

●ラブズアルケミー 「ユニバーサルアイ(大いなる自己)」 

あなたのユニバーサル・セルフ(普遍的な宇宙次元の自己)へとつなげてくれます。
自分が、どれだけ大きな存在であるか体験するのに最適です。
多次元の自分を体験します。
地上界から天界までの領域をつなげ、すべてはひとつであるというワンネス意識をもたらします。
エマーソン(哲学者)からの引用のように、”私は広大な存在である”という気持ちになります。
自分の内なる叡智(とても静かで小さな自分の内側から聴こえる声)、全宇宙の過去から未来までの記録の殿堂といわれているアカシックレコードにつながることをサポートします。

●ラブズアルケミー 「ストップ&ドロップス」 

自分のエゴと自分自身を同一化させるのをやめ、内なるハートの静けさへと自分が入っていけるように。分離、恐れ、自己不信から自分を救出するエッセンスです。
本当の自分自身を取り戻すために、自分自身について抱いてきた不適切なフィーリングや信念を浄化します。”何も間違ってはいない。何も欠けている部分はない”という深遠な気づきをもたらします。
私たちは頭のレベルで答えを出す習慣が身に付いているため、ハートが生かされず、ブロックされてしまいます。
ハートのブロックを解放し、ハートに叡智をもたらし、頭ではなくハートから答えが出せるようにサポートします。 

●ラブズアルケミー 「エターナルラブ(大いなる自己)」 

永遠の愛を私たちのハートの内側にもたらしてくれるとても高波動のスピリチュアルなエッセンスです。
永遠の愛を放つ光の存在とつながるためのポータル(入り口)のような働きをします。
ハートチャクラを目覚めさせ、神聖な愛へとつなげます。
心に平和をもたらし、私たちの本質(すなわち愛)に気づかせてくれます。愛が持つ力を最大限に引き出し、自分の思考、感情、言葉、行動を変容させます。そしてあなた自身が無限の愛を表現する存在となります。 

アセンションに先駆け、“愛”を常に意識して生きやすくしたい場合におススメのエッセンスです!

<「ラブズアルケミー」の詳細はこちらをクリック>