駄天使のひとりごとTOPに戻る


2009年08月25日

女神の時代到来へ

お盆に少し時間がとれたので、読みたい本を一気に乱読!
その中でも、どっぷりハマったのが、オラクルカード創始者のドリーン・バーチュー博士の自伝シリーズ。

「エンジェルオラクルカード」が発売されてから、ほとんどのオラクルカードは持っていますが、実は、ドリーン・バーチュー博士自身の生い立ちについては、今まで全く知識がありませんでした。

写真で見る限りでは、”ブロンドのロングヘアで美人な女神♪”、というイメージしかありませんでしたが、
ふとしたきっかけで、「エンジェル・メディスンヒーリング」(ドリーンバーチュー著・メディアアート出版)を手に取り、読みだしていくうちに、久しぶりに食事を忘れるほど、惹きこまれてしまいました。

というのは、現在の活躍からすると、天使や女神、妖精の世界一辺倒の方だと勝手に思われがちですが(苦笑)、実は、その半生は、波瀾万丈で、10代で出産、ドラッグ依存、過食症、2度の離婚等々、
かなり苦難な道のりを経て、現在に至ることがわかったのです。

往々にして、ライトワーカーと呼ばれるようなひとは、人並み外れた苦労を体験させられることが多いようですが、ドリーン・バーチュー博士もその例外ではありませんでした。

しかし、それらの過酷な”人間体験”を通して、今では、天使、妖精、女神、アセンディッドマスターなど、
あらゆる存在とつなぐことができる突出したサイキック能力と、心理学博士のカウンセリングメソッドを融合させた世界でも第一人者と言われるほどの屈指のスピリチュアル・リーダーへとなりました。

もし興味がある方は、3部作になっているので、以下の順番で読まれるとよいと思います。

「天使と歩む・ライトワーカーの道」 ソフトバンククリエイティブ 1800円

「エンジェル・メディソン・ヒーリング」 メディアアート出版 1800円

「女神の魔法」 メディアアート出版 1900円

特に、これから、ヒーラーやセラピスト等の”ライトワーカー”を目指す人にとっては、とても勇気づけられることでしょう。ドリーンバーチュー博士がどのようにサイキック能力を開花していったか、という実話がとても参考になります。

また、ライトワーカーの役割について、ドリーンが聖母マリアから受け取ったチャネリングメッセージがとても重要だと感じましたので、以下に記載します。

「新しい時代は、すぐそこまで来ています。新しく、健全な考え方を持つ人々が多くなるでしょう。
 そのさきがけとなるのが、新しき母性が放つ光なのです。新しき母性は、新しき感受性の覚醒を伴って、 忘れ去られてしまった人間性を再びもたらしてくれるでしょう。これぞ思いやりの時代の幕開けなのです。 思いやりとリーダーシップを兼ね備えた女性の時代が再来するのです。」

「新しいリーダーとなるのは、母性をもった人です。家族に一番良いことを知っていて、家事をこなさなければならないのが母親であるように、世界という家族の面倒を見ていくのもまた、母親の役目なのです」

(「女神の魔法」メディアアート出版 ドリーンバーチュー著 194~195Pより抜粋)

・・・聖母マリアははっきりと、これからは”女性”の時代だと言っていますね。
私もその通りだと思います。2000年に渡って続いてきた、ピラミッド社会の男性性優位のトップダウン・コントロールシステム(TDCS)は、今、まさに音を立てて崩壊しようとしています。
そのときこそ、女性が真の意味での女性性に目覚め、そのもって生まれた魂の役割を開花させる時期ではないでしょうか。

少なくとも私自身はここ最近、そのような流れを強く感じざるをえません。

そうした心身ともに自立した強くてしなやかな女性を今後ともサポートしていければと思っています。

<日本の女神・アルケミーエッセンスはこちらをクリック>


2009年08月21日

アルケミーエッセンス・プラクティショナーコース開催のお知らせ

このたび、フラワーエッセンスプロ養成講座の卒業生を対象に、アルケミー(錬金術)エッセンスのプラクティショナーコース第1期生を募集いたします。

これまで長年にわたって、フラワーエッセンスの研究及び普及活動に携わってきましたが、ここ最近の急激な地球の次元上昇に伴い、フラワーエッセンスはもちろんのこと、今後は、アルケミーエッセンスの必要性が高まっていくことになります。
というのは、アルケミーエッセンスは、アセンションをサポートするためのエッセンスだからです。
アルケミーエッセンスは、フラワーエッセンスに比べれば、まだまだ歴史は浅く、2007年からのスタートとなりますがすでに数百件以上の素晴らしい臨床データも収集しており、効き目も比較的早く、はっきりとした効果を感じることができます。

フラワーエッセンスは、主に人間としての感情やメンタル部分に作用しますが、アルケミーエッセンスは、魂レベルでの在り方や方向性を明確にしてくれますので、この2つを併用することで、これから2012年に向かっての急激な地球の変容に対して、よりスムーズに適応していくことを助けてくれます。
従って、今までの臨床からすると、フラワーエッセンスとアルケミーエッセンスを併用することによって、人間的な部分と霊的な部分との統合を図りやすくし、神人合一を助け、より迅速かつ安定性のあるセッションを行うことができるようになります。

現在のフラワーエッセンスのセッションに取り入れたい方や、オンラインショップ等で物販を検討したい方、今はまだ、お仕事にされていなくても、アルケミーエッセンスを今後使っていきたい方、 アルケミーエッセンスや錬金術に興味がある方にはおすすめの講座です。

1期生の募集要項は以下のとおりとなります。

●アルケミーエッセンス・ベーシックコース 2009年11月1日(日) 10時30分~13時30分 30000円
アルケミー(錬金術)エッセンスの基本的なレクチャー。アルケミーエッセンスの説明および使用方法、選び方など基本的な知識をマスターすることができます。

<主な内容(例)>
・アルケミーエッセンスとは
・アルケミーエッセンスとフラワーエッセンスとの関係性
・アルケミーエッセンスとアセンション
・アルケミーエッセンスの特徴と使用方法
・アルケミーエッセンスの選び方
・日本の女神(全10柱)と日本神界(全2柱)のエッセンスの解説

●アルケミーエッセンス・アドバンスコース 2009年11月23日(月・祝) 10時30分~13時30分 30000円
アルケミー(錬金術)エッセンスのアドバンスコース。アルケミーエッセンスの応用的な使用方法や、選び方のポイント、テーマ別エッセンスの使用方法等、クライアントの魂の変容をサポートするためのプロフェッショナルなスキルのレクチャー。アドバンスコース修了後、ケーススタディを提出し、認定されると、アンジェリ認定のプラクティショナーとして活動することができます。

<主な内容(例)>
・アルケミストの在り方
・アルケミーのシンボル
・ソウルアルケミー、天使、多次元文明、銀河文明、スターチルドレン、その他のエッセンスの解説
・テーマ別のエッセンスの使用方法
・カスタムオーダーのエッセンスについて
・プラクティショナー認定制度について

*ベーシック&アドバンス一括お申し込みの場合は、50000円(1万円割引)となります。

*アルケミー(錬金術)エッセンスのプラクティショナーになるためには、現時点ではフラワーエッセンスプロ養成講座の受講が必須条件となっておりますので、ご興味のある方は、フラワーエッセンスの入門&プロ講座を予めご受講下さい。

<アルケミーエッセンス・プラクティショナーコースの詳細はこちらをクリック>


2009年08月10日

アルケミーエッセンス・プラクティショナーコースいよいよ開催

前回の「アセンション天気予報」から、約1か月位経ちましたが、やっぱりこの1か月は”荒れ模様”でしたね(汗)。夏至から皆既日食でひと段落するかと思いきや、先日の満月をピークにまだまだ地球の毒だし続行中といった感じです。
地震や台風などで、なんとか地球がエネルギーを分散させているようですが、それに負けず劣らず?!人間界も、個人レベルでの浄化がものすごいことになっています(汗)。
ちょっとしたことが、大きな干渉波に発展しやすいので、この時期は、慎重にしすぎることに越したことはない、という感じです。
かくゆう、私自身もこの1か月で、いろいろ大きな気づきや変容がありました。
今まで、フラワーエッセンスやアロマセラピーを中心とした自然療法家としての活動が中心でしたが、この急激な波動上昇の流れで、やはりそろそろアセンションワークも表に出していこうと思うようになってきました。というか、アセンションの話をしてるときが自分自身、一番ワクワクしてたりして・・(苦笑)。
もちろん、アセンションにはグラウンディングが必須なので、自然療法はこれまでどおりのベースとして、やはりアルケミーエッセンスを今後は広めていく活動が多くなりそうです。
その一端として、この1か月は、秋に開催予定の「アルケミーエッセンスプラクティショナーコース」の準備に追われておりました。
これは現時点では、卒業生対象のコースとなりますが、ご要望があれば、今後、一般向けにも開催していきたいと思います。
とにかく、自分でレジュメを読み返してみても、魂にビンビン響く内容で、自分で書いたとは思えない宇宙の真理がぎゅっと詰まった内容となりました。
興味のある方は、ぜひアセンションに必須アイテムとなる「アルケミーエッセンス」のプラクティショナーコースを受講してみて下さいね。

<アルケミーエッセンス・プラクティショナーコースの詳細はこちらをクリック>