駄天使のひとりごとTOPに戻る


2009年06月14日

チベット体操でアセンションを加速するには

6月21日(夏至)の「チベット体操のアセンションスペシャルワークショップ」を皮切りに、いよいよ7月から定期的にチベット体操のワークショップを開催します!
なんで、こんなにチベット体操にこだわるのか?!というと、ズバリ、これは別名「アセンション体操」だからです~!!
アセンションの必須項目として、全チャクラの統合がなんといっても最大の重要事項ですが、多くの人が現実社会の混沌の中で、チャクラのバランスを崩しているのが現状です。
しかも今回のアセンションでは、肉体とともに半身半霊で次元上昇していかなければいけないので、スピリチュアルが広まってきたおかげで、霊性面は以前よりは上昇してきていますが、今度は、逆に肉体が追い付いていなくて、特にスピリチュアル系の人ほど、ここ最近、肉体の不調を訴える人が多くなってきているようです。
そこで、アンジェリのチベット体操講座では、肉体面での7つのポーズはもちろんのこと、霊性面での7つのチャクラについてのエネルギーワークも一緒に行っていきます。
現在、他にもたくさんのチベット体操教室が開催されていますが、ほとんどが、ポーズのみを行う講座が多いようです。もちろん、それでも相当の効果はありますが、アンジェリでは、ポーズだけでなく、関連しているチャクラ全体のバランスを整え、心と体と霊性のホリスティックに同時に働きかけることができる画期的な内容となっています。
2012年まで時間がないので、体操だけをやっているだけではもう間に合いません(苦笑)。
1回ワークにでるだけで、一度に心と体と霊性が調和させ、内なるアセンションを加速させることができるパワフルなワークショップです。
興味をもたれた方は、ぜひご参加お待ちしております♪

<チベット体操ワークショップの詳細はこちらをクリック>


2009年06月13日

子供に有効なフラワーエッセンス

最近、エッセンス業界も子供向けのエッセンスの商品が多くなってきました。
4月には日本初のブッシュの子供のためのエッセンスワークショップも開催されたほど!
いま、インディゴやレインボウ、クリスタルといった新世代の子供たちのためのエッセンんスが続々と登場しています。

というのも、現在、子供たちを取り巻く環境も大きく変化しているため、いじめや登校拒否などの問題も増えているのが実情です。
まず、そもそも、どうしてそのような状況が発生しているかというと、数秘術的にいうと、2000年代以降に生まれた子供たちというのは、生年月日にゼロが3~5個あることになります。
ゼロという数字はスピリチュアルな可能性を表す数字であり、2000年の2は、直観、協調性を表しているため、2000年代以降に生まれてきた子供たちは、サイキック能力をもちあわせながら、新しい時代を争いではなく協調性でもって平和な世界を築いていく使命をもって生まれてきた子供たちだそうです。

ブッシュのイアンいわく、男女が性交渉をすると、エネルギーが宇宙まで届き、そのエネルギーが子供を産むに値すると評価されると、地上に誕生したいと思っている待ち構えている魂が親を選んで、出産に直前に魂が肉体に入ってくるそうです。
そして、魂レベルでは、生後から12歳までの間に、何が起こるのかを分かって生まれてくるそうです。
まれに、生後8週間から13歳以内に何らかの理由で死亡してしまう場合は、周囲はとても悲しみますが、魂レベル的には、地上での転生が最後のため、純粋な奉仕のためだけに生まれてきた場合が多いそうです。(社会的や家族的に何らかの大きな気づきや影響を与えるためだけに生まれてきた等)

そして、13歳までは親からの影響を一番に受けることになりますが、13歳以降は社会的な影響を受けやすくなります。

さらに、注意すべきは、3歳までの間に90%の思い込みが形成されるということ!!
実は、もっと正確にいえば、母親が妊娠を知った瞬間の気持ちも影響され、胎内から誕生の瞬間に至るまですべてが影響しているということもすでに判明しているとのこと。

そうなると、親になる、ということは、実は相当な覚悟と自己統制力が必要なのかもしれません(汗)。

ただ、もちろん完璧な人間というのは存在しないですから、そういうときにこそ、エッセンスをサポートツールとしてうまく活用するとよいでしょう。

たとえば、ブッシュのエッセンスでは以下のよくある子供の状況に対応することができます。

●ブッシュ・フューシャ・・・自閉症、反射神経、中耳炎、学習障害(男児はADHDに女児より9倍以上なりやすい)

●ケイポック・ブッシュ・・・すぐあきらめてしまう、投げ出す、途中で放り出す(特に帝王切開の子供は産道をとおっていないため忍耐力が足りなくなるケースがあるそうです)

●ボアブ・・・親子間のネガティブな連鎖を断ち切る(アボリジニが出産するときはボアブの花の上に産み落とす)

●ワイルドポテトブッシュ・・・ワクチン、予防接種当の毒性を含んだ化学物質等の重金属の除去(保存料として水銀が入っている場合がある。また予防摂取を受けると自閉症になりやすいというデータもあり)

もちろん、アルケミーエッセンスでも「スターチルドレン」エッセンスで対応しています。

そして、親子問題で一番大切なのは、子供だけにエッセンスを飲ませるのではなく、親も一緒に摂取すること!!これは必須条件となりますので忘れずに。

特に3歳までは母親との繋がりが重要で、4~7歳までに間は父親との繋がりが重要ですので、その期間は、特に親子でエッセンスを摂取するとよいでしょう。

来るアセンション時代を担う大切なこともたちを守るべく、ぜひエッセンスを親子で活用していってくださいね!

子供に有効なフラワーエッセンスの詳細はこちらをクリック


2009年06月12日

エッセンスで梅雨を快適に乗り切る方法

関東地方もついに梅雨入りしたようですね。。
梅雨になると、曇り空が多くなるため、人によっては、気分が憂鬱になったり、体調を崩しやすくなる場合があるようです。
また、梅雨以外でも、冬になると冬眠したくなるという人や、夏になるとやる気がなくなって動けなくなる・・・という方も結構いらっしゃいますよね。
実は、そうした症状というのは、SAD(季節性感情症)と呼ばれている症状なのです。

SAD:季節性情動障害(きせつせいじょうどうしょうがい)とは、ある季節にのみ抑うつ気分などうつ病に似た症状が出る精神疾患の一種です。
季節性気分障害、季節性感情障害などともいいます。
英語ではSeasonal Affective Disorderと呼ばれ、この頭文字を取ってSADと呼ぶのが一般的です。

もっとも一般的には、10~11月ごろに抑うつが始まり、2~3月ごろに治まるというサイクルを繰り返す冬型のSADで、別名「冬季うつ病(Winter Depression)」とも呼ばれています。
主な症状としては、過眠、過食(体重増加、炭水化物や甘い物を欲する傾向が強まる)などの症状が見られるのが特徴。
冬だけでなく、夏など他の季節に発症するSADもあり、夏型は食欲低下(体重減少)、不眠などの症状が出ることが多いといわれています。

このひとつの原因は、私たちの自律神経が、地球の自然環境に大きな影響を受けていることにあります。「免疫革命」で有名な安保徹先生が、実験したところ、高気圧のときには交感神経が優位になり、
低気圧になると副交感神経が優位になったそうです。

特に日本は、四季の移り変わりが激しく、さらにここ最近は、台風や地震の多発等により、知らず知らずのうちに、自律神経が影響を受けている可能性が高いです。
こうした自然災害は、われわれ個人レベルがコントロールすることはできませんから、日ごろからの自己管理をしっかり行っておく必要があるというわけです。

自律神経のバランスにもっとも得意としているのは、アロマやフラワーエッセンス等の自然療法ですっ!
そして、もちろんフラワーエッセンスにも心強い味方が沢山いますので、ここでご紹介しましょう。

●フィンドホーン 「シーゾナル アフェクション」~天候に左右されない~ 
・不寛容と苛立ちがあるときに、感情的な混乱と不快を解放する助け。
・季節や天候がどうであれ、保護され、サポートされているのだという感覚を与える。

特に、梅雨や冬型のSADは、日照時間が短くなることに原因があると考えられています。
たとえば、体内時計をつかさどるメラトニンが、日照時間が短くなることで分泌のタイミングが遅れたり、分泌が過剰となるために体内時計が狂ってしまうことで発症したり、 光の刺激が減ることで神経伝達物質の セロトニンが減り、脳の活動が低下してしまうなどがあげられます。

そこで、エッセンスの中でも”光”をもたらすエッセンスを活用するとよいでしょう!

●FES 「イルーミン(光をともす) スプレー」 
・光と暖かさの変化に関連した、季節性感情病(SAD)あるいは、感情の不安定、眠りまたは食事の不調に。
・落胆の状態すべてにとって基本となるレメディ。錬金術的な光と影の統合をサポートします
・長引く落胆を引き起こす、また将来に対してポジティブな展望がもてなくなるような人生での危機や喪失に。
・落ち込みや意気消沈といった家族の起源、または家系に伝わる明白な傾向がある場合、
 ウツや落ち込みに関する疾病素質を変容させるために先を見込んで行動するステップに有効です。
・落ち込みやすい傾向がある世話人、または同じような喜びのない環境で生きる動物たちに有効。
 または季節的に意気消沈した兆候を見せる場合に。


●アラスカンフラワーエッセンス 「ライトゥンアップスプレー」 (個人的にイチオシ!私も愛用中☆)  

・特に長い冬の時期や、仕事が忙しくて疲れきっているようなときに、あなたのオーラにもっと光をもたらします。
・生活環境や仕事環境のエネルギーの循環を高めて良くしたい時にあなたの周りにスプレーしてください。

・・・人間は、ミクロレベルでは、光の集合体であるとも言われています。
また、活き活きとしてる人は、自然と生命エネルギーが活性化し、光り輝いて見えますが、病気がちだったり、落ち込んでいる人というのは、暗雲が立ち込めたように暗く見えたりします。
最近、なんとなくもやもやしている、顔色がくすんでいる、と思うようであれば、体の中の光の振動数が下がっているのかもしれません。

そういうときは、上記のエッセンスを飲んで、晴れている日は、太陽の光を1日最低20分以上は浴びて
体全体にエネルギーを取り込むことをおすすめいたします。


上記のエッセンスの詳細はこちらをクリック