駄天使のひとりごとTOPに戻る


2005年01月02日

地球に必要なイルカのエッセンス

あけましておめでとうございます♪
年末年始は忙しくて、なかなか「ひとりごと」を更新できずに失礼いたしました。
2004年は私にとっても大きな変容の年でもありました。
そして、地球にとっても大きな変容の年でもあったように思います。
台風、地震、津波、温暖化etc、自然災害の恐ろしさを見せ付けられたような年でもあったように思います。
スピリチュアルな考え方としては、地球がアセンション(次元上昇)しているので、その浄化作用だとも言われています。
先日、コルテPHIの創始者のアンドレアス・コルテ氏のワークショップに参加してきたのですが、「今こそ人間が動物強いては、地球を癒すタイミングである」と言っていました。
例えば、コルテのエッセンスで有名なのが「イルカ」のエッセンスですが、イルカのエッセンスは、普遍的な愛や、恐れの解放、右脳と左脳の統合、気の活性化、変容のサポート、浄化と保護等のオールマイティなエッセンスですが、なんとこのエッセンスで汚染された河川を浄化することもできるのです。
(詳しい浄化方法についてはメルマガに記載しましたのでご参照下さい★)
イルカのエッセンスで汚染された河川を浄化することによって、浄化された水が河川から流れて海をも浄化し、そしてイルカや他の海洋生物も癒されることになります。
また地球は70嶋ネ上が水でできているわけですから、結果的には、地球全体も癒されることになりますよね。
今まで、自然療法というと、自然から一方的に人間が癒されるという考えが主だったように思うのですが、実は人間も動物、自然、強いては地球を癒していかなければいけない時代にきたのではないでしょうか。
そういう意味においては、これからはインタラクティブ(相互作用的)な自然療法が必要だと思います。
例えば、イルカのペンダントは身に付けるだけで半径40m先まで、その波動が伝播しますので、自分だけでなく、他人や環境全体も癒すことができます。
そうすることによって、自分以外の自分を取り巻く環境をも、心地のよい波動が伝わっていくことによって、地球全体が癒されていくのではないかと思います。
またこのような地球全体の大きな変容に対してもイルカのエッセンスが必要なのかもしれません。
とにかく、今、地球は明らかに変容しています。
ですから、私もこれからは、もう少し大きな視点から、よりインタラクティブな自然療法家を目指していきたいと思っています。