駄天使のひとりごとTOPに戻る


2004年04月13日

ダブル・ミニマム・ポテンシャル

という言葉があるらしい。
私も初めて聞いたのですが、その意味は「どちらにも転がる可能性があるということ」らしいです。
色で言えば、「紫」のように明度によっては「赤」になったり「青」になったりするように、まるでやじろべえの中心のようなイメージを持った言葉だな~と最初聞いたときに思ったのですが、ふと、実はこの言葉はうちのサロンにも当てはまる言葉だなと思いました。
というのは、うちのサロンはアロマサロンでもあるけどフラワーエッセンスサロンでもある。ということは肉体的にも精神的にも、そのお客様にとって必要な方へどちらにも転がる可能性があるということです。
ですから、ボディだけのメニューもあれば、カウンセリングだけのメニューもある。すごく肉体的に疲れすぎているとフラワーエッセンスの効き目が弱くなったり、身体が元気でも精神的に疲れていると些細なことでも行動するのができなくなったりします。
なので、その日のそのお客様の体調や精神状態をトータルにみて最も適したメニューをカウンセリングにて提案するようにしています。
今月から新しくはじまった「マイクロバイタ・リンパドレナージュ」もフラワーエッセンスとリンパドレナージュを融合したもので、精神的にも肉体的にもどちらにも作用するようなメニューにしてみました。
心と身体は常に連動しているものですから、心だけ、身体だけ、ではなくトータルに作用できるようなメニューを今後も考えていきたいと思っています。ちなみに「マイクロバイタ・リンパドレナージュ」は心身共に解毒作用が強いですので、いろんな意味で毒素を排泄して心と身体を軽くしたい方にはオススメですよ(笑)。