駄天使のひとりごとTOPに戻る


2003年12月08日

「人体の不思議展」

今日、東京国際フォーラムで開催されている「人体の不思議展」に行って来ました。平日の昼間だというのに、長蛇の列でビックリ!
以前にここでも紹介した養老猛司の「バカの壁」がベストセラーになっているように、今、人間の体についての興味が高まっているのでしょうね。
さてさて、アロマのスクールで体については勉強したものの、中身まではもちろんみたことがなかったので、改めて人間の体の中身ってこうなってるんだ~!と目を丸くして見入ってしまいました。
なぜか全ての標本があまりグロくなかったので、段々見てるうちに目が麻痺してきて、これは死体なんだという感覚すらなくなってきて、最後には触って感触を確かめてしまったくらい、なんだかみてるうちに愛着わいてきました(笑)。結構医療系の方も来ているみたいで、教科書片手に骨の数を数えていた人も沢山いました。
そりゃそうですよね~。外科医でもないかぎり、医療の仕事してたって、なかなか脳のスライスとか胴体の断面図なんてみれる機会はないですからね。
中でもガンに侵された臓器も展示されていたのですが、どれも灰色でどす黒く変色していて、見るに耐えなかったです。
人間の体って外から見えないだけに、中がどうなっているのかなんて、全く想像つかないもんだから、ついつい無理してしまうけど、体は着実にダメージを受けていて、蝕まれているのだな~ということがよくわかりました。
とにかく、この展覧会は一般の方でももちろん医療関係の方でもとってもオススメなので是非観にいって見て下さいね。
嬉しいことに期間延長されて2月1日まで開催されていますので、どうぞお見逃しなく!


2003年12月03日

自分を守るエッセンス

前回のメルマガで「バランサー」についてご紹介したところ、皆様からお問い合わせを沢山頂いたので、これは”防御系エッセンス”を必要としている人がもしかしたら沢山いるかもしれない!ということで、今回は自分を守るエッセンスをご紹介したいと思います。
まず代表的でオススメなのが、やはりパシフィックエッセンスの「バランサー」ですね。これは今や心療内科や精神科の先生も使用しているほど、効き目が早く正確で、特にうつ病やパニック障害の薬と並行してエッセンスを治療に取り入れている先生もいらっしゃるそうです。全てのチャクラと経絡のバランスを即座に整える効果があるらしく、効き目は正確で比較的早いと評判です。
これを開発したパシフィックエッセンスの創始者のサビーナもいつも携帯していて、かなり頻繁に飲んでいるとのことですので、自分自身の中心をいつも保っていたい方にもオススメですね。あ、もちろん私も必ずいつも持ち歩いてます♪
そして、PCや電磁波の影響から身を守って、自然治癒力を高めるのには、FESのヤロースペシャルフォーミュラがオススメです。
このエッセンスはもともとはチェルノブイリ原発事故の後遺症に悩む人向けに、開発されて作られたそうなのですが、今ではストレス全般にかなり効果があります。特にPCや機械、レントゲン等の近くで仕事をする人にはオススメです。私も1本飲んだことがあるのですが、飲み終わったあとに、何だか身体全体が強い殻に覆われているような気分になりました♪
あとは、コルテのRQ7やK9、バッチフラワーのレスキューレメディ等がありますので、是非いろいろ試してみることをオススメ致します。
要はいろんな意味での外界からのストレスを受けやすく(環境、人込み、他人の影響等)、周囲の影響を過敏に受けやすい人は、得てして生まれつき周囲の波動に対して敏感な体質であることが多いので、あらかじめ自分自身を守っていく必要があると思います。そういう必要性を感じたら、是非これらの”防御系エッセンス”を飲まれるといいと思います。
フラワーエッセンスは、そうしたネガティブな波動(電磁波、添加物、排気ガス、対人関係等)から身を守る役割も果たしてくれますので、緊急時やストレスを受けたときには、こうしたコンビネーションボトルを上手く活用すると、思ったよりもダメージが少なくてすむと思いますので”防御系エッセンス”は一家に一本常備することをオススメ致します♪
(上記のエッセンスはサロンでも販売しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい)