駄天使のひとりごとTOPに戻る


2003年09月30日

参加型サロン

昨日歩いていたら、どこからともなくキンモクセイのいい香りが漂ってきました。この香りをかぐと、ああ、もう秋なんだな~といつも感じる香りです。香りは脳に0.15秒のスピードで情報が伝達されるので、ある香りをかぐと必ず思い出すことがあったりするのはそのせいなのですね。
香りって目には見えないものだけど、その存在感や影響力は大きいと思います。もしこの世から香りがなくなってしまったらそれはそれは味気ない世界になってしまうでしょう。
最近サロンで「オリジナルブレンドサービス」というのを始めたのですが、これがかなり好評で、要は材料や容器等は全てサロンでお膳立てしておくので、あとはお客様のお好きな香りを自由にブレンドすることができるというものなのですが、いつもは香りの好みや体調を聞いて私がブレンドするところを、ご自分で選んでボトルに入れて混ぜるというのも、また格別な楽しみがあるようです。
私は、このサロンを立ち上げるときに、できるだけお客様参加型のサロンにしたいと思っていたので、「アンジェリフリーサロン」や「オリジナルブレンドサービス」、「本の無料貸し出しサービス」等の、他のサロンにはないようなオリジナルのサービスも積極的に取り入れてきました。というのは、私からただ一方通行的にサービスを行うだけでなく、インタラクティブにいろんな方とエネルギーの交流を行うことによって、お互いに向上しあっていった方が面白いのではないかと思ったからです。
そういうサロンがこの世に一つくらいあってもいいだろ(笑)的な発想でいろいろ取り入れてみているわけですが、そうすると、逆にお客様からいろんな情報を頂いたりすることもあったりして、やはりエネルギーは人に与えれば与えるほど必ず自分にかえってくるのだな~ということを身をもって実感しています。やはり自分自身が情報の発信源になっていると、自然とその周波数にあった情報なり人なりが集まってくるのものなのですね。とにかく、これからもアンジェリならではの”参加型コンテンツ”をどんどん企画していきますので周波数が合った方(笑)はどんどんご参加お待ちしております♪


2003年09月17日

E=mc2

先日パシフィックエッセンスの創始者のサビーナがカナダから来日してワークショップを開催したので、私も1年ぶりの再会も兼ねて参加してきました。今回参加した「チャクラとフラワーエッセンスについて」の講座では、自分や他人のチャクラを実際に測るという画期的な試みがありました。ちなみにチャクラというのは、簡単にいうと、人間が体内にエネルギーを取り入れる入り口のようなもので、現在はいろんな説がありますが、通常は7つのチャクラがあると言われています。初めはそんなこと自分にできるのか?と思いきや、やってみたら意外にもチャクラの大きさを測ることができてビックリ!しかももっと面白いことに、例えば、すごく楽しかったときのことを思い出しながらチャクラの大きさを測るととても大きくなり、すごく嫌なことを思い出しながらチャクラの大きさを測るととても小さくなるのです(笑)。まあ、人間の意識の力とはなんて正直なんだろうとつくづく思ったのでした。
そういえば、「水からの伝言」の著者である江本勝氏が、アインシュタインのエネルギーの法則・E=mc2(Eはエネルギー、mは質量、cは光の速度の2乗)のcは実はconsciousnss(意識)のcなのではないかとおっしゃっていたのですが、まさにそれを当てはめると、E(チャクラの大きさ)=m(質量)×c(意識)となり、楽しいことをなるべく沢山考えるようにしていけば、チャクラの大きさも大きくなり、`ャクラの回転もよくなって、沢山のエネルギーを取り入れることができるようになるということではないでしょうか。そうすれば心身ともに新陳代謝が良くなり、より健康になることができるはずですよね。あとは、もう一つ考えられるのは、意識の質を高めるということです。cの方が2乗になっているわけですから、高い意識を常に持っていれば、それだけでエネルギーも高くなるということですよね。
このように考えると、自分自身の意識の持ち方そのものがエネルギーの源だとすると、いつも向上意識を持ち続けていれば、逆にエネルギーがつきることはないのかもしれませんね。


2003年09月03日

純粋なもの

昨日教育テレビで「美輪明宏・一番美しいもの」の再放送を見ました。実は以前の放送も見ているので、これで3回目なのですが(笑)、観る度に自分のモチベーションも違うので、その時々によって感じ方が違ったりもするのですよね。
今回見ていて一番心に留まった言葉が、最後の質問で「美輪さんにとって一番大切なものって何ですか?」に対して、「純粋なもの」と答えていらっしゃいました。例えば子供を思う母の愛や、以前天皇陛下が暴漢に襲われそうになったときに、とっさに美智子様が自分の身を盾にしてかばったそのお姿etc、計算や打算のない純度の高いものに心が惹かれるとおっしゃっていました。
確かに人間は生まれたときは誰でも純粋な心と体を持ち合わせていたわけですが、大人になるにつれて、社会の荒波にもまれ、次第に純粋さが失われ、不純なものに支配されがちになっていきます。でも100%純粋な面だけ持っている人やその逆の人っていうのもいないのではないでしょうか。コインの表と裏は両方あって初めて1枚のコインとして成り立つように、人間も光と闇の部分は表裏一体だと思います。
では、どうしたらその闇の部分を少なくすることができるかというと、チャールス・ヘンリー・マッキントッシュの言葉でこういう言葉があります。
「自分の中の悪にさからっても、それを克服することはできません。悪のエネルギーを他の形に変えれば良いのです。
悪の形で現れるエネルギーも、善の形で現れるエネルギーも、エネルギーとしては同じものです。ですから、この二つのエネルギーは変換できるのです。」
つまり、自分の中のネガティブな面もあるということを一端全て認めて、それをプラスのエネルギーに変えていけばいいということではないでしょうか。そうすれば自分の中の魂の純度を高めていけるのかもしれません。魂の純度が高いということは波動の周波数も上がるということですから、さらに人生のステージもワンランクアップできるかもしれませんね。


エネルギーのリンパドレナージュ

最近の新聞の一面を飾る記事といえば、自殺増加、うつ病急増等の、暗い話題ばかりです。そういう時代背景を受けてか、うちのサロンにいらっしゃるお客様の中でも、いろんな悩みをかかえてらっしゃる方も沢山いらっしゃいます。もちろん普通に生きてれば、たとえ自分が悪くなくても、会社で嫌な上司のとばっちりを受けたり、満員電車でいきなり足を踏まれたり等、いろんなストレスの種がふりかかってきてしまいます。
本来一番理想的なのは、ストレスを受けづらい体質になること、要はある程度健康的で、自分のやりたいことをやって充実していれば、さほどのストレスには負けない抵抗力は維持できるはずです。
が、もともと生まれつき、外からの影響を受けやすい体質や、外的要因に敏感体質の人は、もろにストレスの餌食になってしまいがちです。では、受けてしまったストレスはどうしたらいいか、というと、それは受けたストレスと同じ分だけ外へどんどん出してしまうことです。もし外へ出さずに、ストレスを内にためこんでいくと、肉体的には肩こり、便秘等の老廃物停滞系の症状が表れてきてしまいますし、精神的にもイライラ、不安、怒り等のネガティブな感情にとらわれがちになってしまいます。
こうした全てのネガティブな想念は浄化してしまうことが一番理想的だと思います。ですから、そういう意味では、香り自体にも邪気をはらう効果があるので、アロマオイルやお香、香水等で自分の周りに見えない膜を作ってガードしたり、もちろんアロマトリートメントや特にリンパドレナージュで解毒・排毒するのは肉体的にはとても効果的だと思います。また精神的な面でも、フラワーエッセンスでネガティブな感情を中和させて浄化させていくこともできます。
とにかくキーワードは”浄化”で、入ってきた分と同じ分だけ出す!ということは大切だと思います。マイナスなエネルギーを浄化するには、それと同じ分量のプラスのエネルギーを与えてるとエネルギーは転換することができます。それにはもちろんアロマやフラワーエッセンス等の自然療法でもいいですし、自分の好きなことや、心から楽しい!気持ちいい!と思うことだけをやる!と決めて実行するとプラスのエネルギーがマイナスのエネルギーを飲み込んでエネルギーのリンパドレナージュができることでしょう(笑)。