フラワーエッセンスTOPに戻る

What's フラワーエッセンス

フラワーエッセンスとは 、癒しの力をもつ花の波動が、私達人間の感情や精神のパターンと共鳴し、ショックやトラウマなどから生じた心のバランスの乱れを調整し、癒してくれるものです。エッセンシャルオイルやハーブ製品などと異なり、植物の抽出成分などの物質的なものは含まれておらず、花のエネルギーを水に転写し、自然の力で活性化されたもので花の波動水ともいわれています。

フラワーエッセンスの歴史は古く、有史以前の古代から伝えられ用いられてきたといわれています。オーストラリアの原住民であるアボリジニーの人々は花の朝露を治療薬として使い、近代になり花療法として体系づけられたのです。
花療法として開発したのは1930年代のイギリスの著名なホメオパシーの医師であるエドワード・バッチ博士です。バッチ博士は人間のエネルギーのパターンを12種類に分類し、そのタイプごとのエネルギーバランスをとるための39種類のフラワーエッセンス(レメディーを生み出したのです。
このエッセンスは博士の没後も口コミで広まり、現在、英国では空港やドラッグストアでも手に入れることができるほど身近なものになっています。

現在、フラワーエッセンスは世界中に数千種類あるといわれ、日本には質の良いメーカーを紹介されています。
代表的なのは、パシフィックエッセンス、FES北アメリカフラワーエッセンス、オーストラリアンワイルドフラワー、マスターズエッセンスなどで、現在では花だけでなく、星や景色、海の生物、動物、鉱物などからも作られています。

フラワーエッセンスの最大のポイントとして、薬ではないので全く無害、習慣性も無く、他の療法や病院の薬と併用ができるということです。他の投薬の影響も全く受けず、かえってその治療効果を高めるように助けます。

また副作用もありませんので赤ちゃんからお年寄りまでどなたでも安心して使用することができます。