TOPに戻る

「よりひめ」映画化決定のお知らせ

【7/8~11/4 映画「麻てらす よりひめ岩戸開き物語 クラウドファンディング 受付中! 】

アンジェリ主宰「麻糸産み後継者養成講座」を2014年から、取材して下さっている吉岡敏朗監督の最新作が、「よりひめ」のドキュメンタリー映画となりました!

★映画「麻てらす~よりひめ岩戸開き物語~」の予告編はこちら
https://m.youtube.com/watch?v=Lk1LoxRwVNk

映画『麻てらす』(2017年春公開予定)

この映画は、日本人の精神性にも大きな影響を与えてきた大麻の文化性と、世界的にも注目を集める“衣・医・食・住・農・エネルギー”など、様々な分野にわたるその利用法に着目し、 大麻が次代を導き、可能性を “てらす”役割を紹介するものです。
古くからの伝統や多岐にわたる利用法を持つ大麻の全容を様々なストーリーで紹介するシリーズ化を目指します。
全体のドキュメンタリー映画タイトルは、『麻てらす』です。

「麻てらす」制作委員会も始動。委員の中にはYaeさん(歌手)、藤本博正さん(鴨川自然王国代表)、相談役には加藤登紀子さん、天外伺朗さん等が名前を連ねます。
なお、Yaeさんは、この映画のナレーションも担当してくださいます。

『よりひめ 岩戸開き物語』

「麻てらす」シリーズ第一弾の作品が『よりひめ 岩戸開き物語』です。
国産大麻の糸績み技術を次代に継承すべく活躍が始まった「よりひめ」を軸に、大麻をめぐる様々な人たちの深い思いや、次代を見据えた活動を、古来から伝わる伝統文化としての「大麻」や大地に息づく大麻栽培の模様などを織り交ぜて紹介していきます。
女性は、命を産みだし、そして次世代へつなぐ役割を持っています。
その女性たちの手に託された、大麻の糸績み。
麻糸をつなぐことを 「績む(うむ)」と言いますが、彼女たちはあえて、「糸産み」という言葉を使います。
大麻の糸を産みだし、そのしなやかな心で新しい時代の扉を開く。
よりひめ 〜今を生きる女たちの 平成 岩戸開き物語〜 は始まったばかりです。

ただ今、クラウドファンディング受付中!(7月8日~11月4日)

 ★クラウドファンディング モーションギャラリーHP (詳しい仕組みについてはこちら

(クラウドファンディングとは・・・クラウドファンディング(英語:crowd funding)とは、クリエイター・表現者が不特定多数の人からプロジェクト資金を募る事を指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語で、プロジェクトを始める前の段階でアイデアを元に資金を募る、新しい資金調達の仕組みです。映画、アート、音楽、ゲーム、出版や、イベントの開催、そしてソーシャルグッドな活動など、様々なクリエィティブ活動をスタートさせる新しい形として活用されています。)

この映画の完成に向け、みなさんのお力を是非お貸し下さいませ。

 ★「麻てらす 〜よりひめ 岩戸開き物語〜」公式Webサイト 

 ★「麻てらす~よりひめ 岩戸開き物語~」フェイスブック公式ページ

asaup.jpg